ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

自分を甘やかして生きる

20代の頃、フリーターでウェイトレスをしていました。

一旦14時に閉店して17時から居酒屋になるお店だったので空いている時間が無駄と思って別なお店に移動して掛け持ちで仕事をしていました。

                                                                                                                                      

オフィス街のランチタイムのアルバイトだったので、大忙しで走り回るように仕事をして、その後居酒屋に移動。

もう体がボロボロで、今思えば朦朧としながら毎日を生きていたように思います。

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

その後色々なところで働いているうちに派遣社員としてコールセンターで働けるようになって、20代後半の職場は残業し放題が嬉しくて、掛け持ちしなくていいなんて幸せだなんて思っていました。

この職場は喫煙所でタバコを吸う人が多すぎて処理能力が追いつかず、職場内も煙だらけでタバコを吸わない私の肺はヘビースモーカーの人と同じくらい真っ黒だった気がします。

そして残業しないともったいないと思って3時間睡眠で働きまくっていました。

                                                                                                                                      

仕事が忙しくてトイレに行く暇がないから水分は極力摂らない、胃が痛いのは当たり前。

手足もたまに痺れて片目がたまに全く見えなくなることがあって肺は恐らく真っ黒。

それでも忙しくしないと若いうちしか無理して働けないし、体がボロボロになるまで疲れないと生きている実感が沸かない癖が付いていました。

                                                                                                                                      

今思うと恐ろしすぎる。

20代の時に体調が良かったことがあっただろううか。

30代になって職場が変わって、その時も派遣切りにあった時のために常に掛け持ちで働いて無職にならないように無理をしていました。

                                                                                                                                      

30代後半で今の職場になって、一応何事もなければ契約社員で定年まで働けそうです。

今は解禁されていますが、副業が禁止の職場で残業もなくて体が楽で物足りなかったのですが、40歳を超えてふと考えてみるとこんなに体調が良くて元気な毎日を過ごしているのは大人になって初めてではないかと思い始めました。

                                                                                                                                      

年をとったらどんどん衰えて疲れやすくて不調が出てきて…と大変なことばかりだと思っていました。

その日も遠くないのかもしれませんが、今の体調が絶好調過ぎて今まで自分の体にどれだけ失礼なことをしてきたのだろうと反省しました。

                                                                                                                                      

体が痛みを訴えても「忙しいんだし」「ストレス溜まってるんだし」「疲れているんだし」当たり前だから仕方がないじゃんと軽く考えていました。

しかし周りに健康診断で数値を指摘される人は山ほどいるし、同じ会社内でそうそう離れていない年齢の方が亡くなることも何度かあって、こんなに体を痛めつけてきた自分がピンピンしていられるのは体が頑張ってくれているからだと感謝して生きることに決めました。

                                                                                                                                      

トランポリンを買って運動したり、フルーツ酢を手作りしたりなどは過去にたくさん書いていますが、それ以外に体にしていることとして

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

体が冷えると特に体調を崩すことに気がついたので、冷やさないように気をつける。

☆良く噛んで食べる。

☆お通じが(元々良いですが)とっても良かった時に「おみごと!」と声に出して自分の腸に向かって称賛の声を上げる。

エステやマッサージに行った時に気持ちよかったら「このような素晴らしい施術を受けられてありたがいね、幸せだね」と心で思って心と体で喜びを分かち合う。

☆過去に体に辛い思いをさせてしまったことを反省し、今も元気でいてくれてありがとうと声をかける。

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

これらのことを心がけているわけでなく、本当に自分の体に感謝をしていて自然にやっているんですよね。

会社でも

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

「美味しすぎてあまり噛まなくて‘中の人ゴメン!’」

                                                                                                                                                                                                                                                                             

などと声に出しているので職場の人も慣れていて受け流してくれます(^_^;)

体調が良いと、疲れづらいと人のために動けるし、面倒くさいからやめたと思うことも少なくなって生きていてウキウキします。

体を強くする食材も調べまくって取り入れています。

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

更年期というお年頃をそろそろ迎えると思うのですが、この気持を忘れなければ乗り切れるのかな。

それともその日は突然なのかな。

                                                                                                                                      

職場も友人も年上が多くて、出かけるのが億劫という友人や、元気だけど太るのが止まらない。

痩せたくても痩せないという人もいて色々です。

                                                                                                                                      

今は今までの人生を無駄にしないように教訓にして、先輩方の意見を色々伺って、自分の経験を後輩に伝えてみんなで元気に生きていきたいです。

ガンは2人に1人と言うけれど、「そうなんだぁ」なんて思わずどうして2人に1人なのかを考えなくてはいけないと思いませんか?

生活習慣が正しければ、毒を摂らなければ、うまく悪いものを外に出せればかなりうまくいく気がしてきた。

                                                                                                                                      

自分はどっちだろうではなく、なる人ととならない人の傾向がある程度情報としてあるのでありがたい情報もきちんとチェックしていきたいです。

                                                                                                                                      

偶然私がしていたことで最近話題の16時間ダイエットは続けていきたいです。

ダイエットではなく、仕事のシフトで16時間くらい空いてしまって、食べる時間はあるのですが変な時間に食べるのが嫌でこれに体を慣れさせたらとても自分に合っていて、楽だし太りづらいし月の半分くらいは実行しています。

ただ、太りづらくはなりましたが、テレビ等で騒ぐほど痩せるかな?とは思います。

私は痩せ寄りの普通体型で太りづらい方だと思いますが、より太りづらくなっただけで劇的に痩せるなんてことは皆無です。

                                                                                                                                      

みなさんも体と向き合って自分に合った方法と出会って元気な体とお付き合いをして欲しいです。

                                                                                                                                      

▼冷えを解消してプチ断食で健康な体を手に入れましょう▼

体を温めて病気にならない生き方 体温上げで免疫力をアップ!プチ断食でサラサラ血液に [ 石原結實 ]