ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

トイレのドアは閉めません

ひとり暮らしなので、特に意味はなくトイレは開けっ放しで用を足すなんて朝飯前よ。

ごくたまに気が向いたらドアを閉めてみたりしていたけど、トイレのドアが開かずに出られないというニュースを何度か聞いて閉めずにトイレに入っていたことが大正解だと知りました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ひとり暮らしだから閉じ込められても誰にも気づかれないし、トイレにスマホを持ち込む習慣もないので絶対に閉めたら危険!

                                                                                                                                                                                                                                                    

テレビで閉じ込められた若い女性がスマホを持ち込んでいて連絡が取れたと聞いたけどトイレでスマホ使わないしなぁ。

この女性はスーツケースが開いてトイレのドアを塞いでしまったらしいから話だけで震えちゃう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もっと昔には、ひとり暮らしではなくご夫婦だったのに奥さんがトイレに入っている時に旦那さんが帰って来てご病気だったのかトイレの前で倒れて亡くなったそう。

それでトイレのドアが塞がれて奥さんは出られず奥さんも亡くなったとか。

                                                                                                                                                                                                                                                    

衣替えの時だけ自宅にある家庭用トランポリンを台所に移動するけど、トイレの前には絶対に立てかけないように気をつける。

あとはドアを邪魔するものを置くことはないと思うけど、来客時にトイレに入ってさすがに閉めて入ったら久々の圧迫感に恐怖心を覚えたなぁ。

やっぱり扉は開けて開放感を味わいながらトイレに入りたいわ(閉じ込め防止から目的が変わってる(^_^;)

                                                                                                                                                                                                                                                    

気になる度に「備え備え」で何を備えたか分からなくなってきているけど、自分の身は自分で守らねばという気持ちは忘れずに。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もう常に閉めないつもりで。