ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

鬱って色々

私には自分が鬱だと言う友人が3人いる。
もっといるかもしれないよね。
自分で気がついていないだけで。


私自身も昔自分が明らかにおかしかった時があるもの。
パニック症候群という言葉が一般的ではなかった頃にその症状が出ていたと思うし。



今はそんな日々を乗り越えたのかタフで屈強なブチギレ野郎に成長したわよ。
更年期で反抗期で天の邪鬼じゃい!と開き直って生きるようになったのが自分を楽にしているのかよく分からんけど。




友人1は15年くらい前からかな。
慣れない部署に異動してその仕事が合わなくて鬱になったみたい。
でも“新型ウツ”ってやつかしら?
遊びには行けるのよ(笑)
なので現実逃避で仕事休んで旅行ばかり行ってたから、初めは助けてくれると言っていた同僚の方が見放してそれに対して




「助けてくれるって言ってたのに!会社のトイレにベルトかけて首くくってやろうか!!」



ってすごい怖い人に変貌してビックリした。
他力本願過ぎるだろって思ったよ。
本当に楽しくて良い友人なのに別人に乗っ取られたかのようだった。



過去形にしてるけど、たまに通院してるみたいね。
一回薬を飲んでしまうと抜けられなくなるのかしら。
彼女の特徴としては




“困難から逃げる、避ける”



というタイプ。
正面から受け止めればいいというもんでもないけど、成長の機会を逃して大人になってしまった感はある。





欝の友人2はまさに正面から受け止めるタイプだけどね。
私も受け止めるタイプ。
なので2の友人は私と同じでタフだと思っていたけど夜中に自分は駄目なんじゃないかとクヨクヨ悩むんだって。



夜中まで起きてないで寝ろ!と言っておいた。
2の友人は体調不良が多くて薬を飲みすぎてる気がするからそれが抜ければ元に戻るんじゃない?
そもそも病院に行って診察受けなければ鬱にはならないのにさ、と思う。





鬱の友人3は上白糖の摂り過ぎじゃないのかな。
本人もそれに気がついているけど、

「スイーツばかり食べているYou Tuberが元気そうだから食べるの我慢するのやめた」


と言って食べて調子落としてるみたい。
1と3は一生このままではないかと思うので、うまく付き合っていくしかないんでしょうね。




不思議なことに仲良し友人ベスト3なのよ。
私にできることは私に依存させないようにするくらいかな。




質の悪い砂糖や乳製品、小麦製品を順に断って心と体の調子を見ていくということをしてみようと思わないのかな。
もまず誰もしないんだよね。
なんでだろ?とか思うけど、私は元気でやる気がみなぎっているから不調になったらやってみようと思ってるだけ?
大好きなパンの食べる頻度は激減したし、小麦粉を米粉に変えたし、できることはやっているんだけどな。
それにすべて食生活に当たり前にある必要なものという認識がこべりついているのではないかと思う。




3の友人はどうしても薬に便りたくないのに、病院で飲まなきゃダメと言われて飲まされてるんだって。
せっかく3人共私に依存しないでいてくれているのだから見守るしかないのか。
私にとっても勉強だわね。