ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

1990年代ギャルゲーに夢中だったな。。

私は女ですが、20年以上前にギャルゲーに夢中だったの。

当時スーパーファミコンプレイステーションNintendo64セガサターンを持っていて、特にセガサターンはギャルゲーが豊富だったのよ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ときめきメモリアルがあまりに流行って、とにかく丁寧な作りと全てのセリフを喋ってくれる女の子たちに感動。

コナミすげーって思った。

その後、ちょっとエッチなギャルゲーも楽しくて色々プレイしてみた。

                                                                                                                                                                                                                                                    

同級生2、きゃんきゃんバニープルミエール、下級生、野々村病院の人々、この世の果てで恋を唄う少女YU-NO。。他にもあったかも。

かなりの数をプレイしてるな(^_^;)

アニメの女の子を見ているうちにどんどん可愛く見えてくるのも不思議な感覚だった。

                                                                                                                                                                                                                                                    

エッチで女の子を口説き落とす系は結構内容を忘れてしまったけど、内容が気に入ってシリーズ作品をかなり遊んだイヴ・バーストエラーはかなり夢中になった。

しばらく忘れていたけど、その後の続きがあるのかなぁとふと思って調べたら、2019年発売されてる!ビックリ! 更に調べたら2022年も発売するの?!

あー。ストーリー知りたい。

でも新しいゲーム機本体がないからできない。無念。

持っていて遊べる人羨ましい。

                                                                                                                                                                                                                                                    


                                                                                                                                                                        

イヴ・バーストエラーは別物として、ギャルゲーばかりやっているので周りから「女性ならアンジェリークの方が楽しいんじゃない?」と言われてアンジェリークもプレイしたさ。

たくさんのイケメンが登場するアンジェリークも素晴らしい人気の作品でしたが、その前にプレイしたときめきメモリアルが上質すぎて、アンジェリークの登場人物の殿方たちのセリフの音声がない部分などが物足りず。

そもそも男性に甘い言葉を囁かれることが好きではないので、甘く囁かれても

                                                                                                                                                                                                                                                    

「何言ってるんだ?この人?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と思ってトキメキも何もありませんでした。

だったら女の子をいかにホテルに連れ込めるかというエッチなギャルゲーの方がワクワクしていたので人の趣向は色々だなぁ。

(実際女性にそうしたいという願望はない。人の心理をうまく表現しているのがギャルゲーに多くて楽しんでいたのだと思う)

                                                                                                                                                                                                                                                    

最近はスマホディズニーツムツムをしている程度なので久々にゲームのことを考えたら楽しい!

                                                                                                                                                                                                                                                     エッチなゲームだけでなくゲーム自体たくさんプレイしてきて、ギャルゲーには他のゲームでは味わえない不思議なワクワク感があったなぁ。

セガサターンは丈夫だったので、今でも動く本体は世の中にたくさんありそう。 老後のボケ防止にまた人の心理を考えながら操作をするゲームをしたいなぁ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

エッチなゲームだけでなく、イヴ・バーストエラーとか考える系もすごく良いと思う。

老後はなるべく元気に外出しなきゃと思っていたけれど、家にいる時はゲームをするのもアリだなと思った(たった今)

                                                                                                                                                                                                                                                    

過去の楽しかったこと、今の楽しみ、明日の楽しみ、老後の楽しみ、色々楽しいことを考えて案を練って元気にやっていきたいものです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

黒柳徹子さんが

                                                                                                                                                                                                                                                    

「人生は辛いことの方が多いから私は喜劇をやるのよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言っていたのを胸に私も自分に負けずに生きていこうと思う。

                                                                                                                                                             パッケージ見ると思い出す!懐かしいわー!                                                                 

ただのエッチなおっさんの内容になってしまったが(^_^;)