ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

当たり前なのにビックリしたこと

子供の頃、デパートの開店前にお店に行って店内を覗くと真っ暗でエスカレーターも動いていませんでした。

この頃ナゼか、エスカレーターの下に水車があって、水車が回るからエスカレーターが動いていると思っていたので止まることもあるんだと驚きましたびっくり
水車じゃないわよと笑いながら母が







エスカレーターは電気で動くのよ」






と言った直後に開店して店内の蛍光灯が一斉に点いてエスカレーターも動き出しました。
しかし、電源が入ってエスカレーターが動き出したとは思わなかったんです。
「電気」と言われると子供でしたから「電気=蛍光灯」と思ったんです。






なので、店内の蛍光灯が点いた光に照らされてエスカレーターが動き出したとこの日から何年も思っていた気がします。
いつ事実を知ったかは覚えていませんが、水車が回っていると思っていた時代から1歩大人になった日でした。





もう少し大きくなった中学生の頃、洗濯物を取り込むのを手伝ってカーテンレールにかけたらカーテンレールが枠から外れてしまったんです。
その時も母に






「カーテンレールは洗濯物を干す場所ではないんだから気をつけてよ」





ええっ!
よく考えればその通りだけど、洗濯物を干す場所だと思ってた〜と衝撃的だったのを思い出します(^_^;)