ふるべ ゆらゆらと ふるべ

自分を大切に生きてます

麻炭パウダーと竹炭パウダー使い分け

麻炭パウダーが体内の農薬や添加物、放射能、余分な脂を吸着して体外に排出してくれるとても有益な物だと知ってすぐに購入しました。

確かに初めて飲んだ時はしばらく体内に溜まった悪いものが出ているいつもと違う感覚がトイレでありました。

それが1週間くらいで終わっていつもの自分のお通じに。

その後もどうしても農薬や添加物は摂っていると思うのですが、初めて麻炭を飲んだ時のお通じには戻らなかったので、今までどれだけ体に溜め込んで生きてきたんだろうと恐ろしくなってしまいます。

 

 

 

麻炭は薬を飲んでいる人は薬の成分も吸着してしまう可能性があるし、食事とのタイミングをうまく調整しないと摂取した必要な油も吸着して体が乾燥してしまう可能性もあるそうです。                                                                                                  

 水分も吸ってしまうので摂りすぎると水分不足になる場合もあります。 私はそれを逆手に取って、舞台鑑賞の前に麻炭を飲んだらトイレの心配がなくなるかも!と思って飲んで行ったら成功しました。

暗示にかかりやすい性格でもあります(・∀・)                                                                                                                                                                                                                                                     

 

 

ダイエットや美容目的で購入する人も多い印象。

私はダイエットはしないけど、確かに麻炭を飲み始めた頃は2キロほど痩せました。

でもすぐに戻ったので、麻炭を飲めば簡単に痩せられるというのはまずなさそう。

そして麻炭はお高い。

もちろん価値のある良いものだと思っています。

だけど竹炭でも良いんじゃない?とずっと思っていました。

解毒の時は麻炭が良いと思うけど、竹炭だって吸着してくれる。                                                                                                                                                                                                                                                    

 

 

 どこかの病院に運ばれた農薬を飲んだ人に炭を飲ませて助けたというのも麻炭ではないし、チェルノブイリ原発事故で子供たちの体内から放射能を取り出してあげようと老人たちが炭をすって飲ませてあげたというのも麻炭ではなかったのでこだわりすぎなくても良いのでは?と思って竹炭パウダーも買ってみました。                                                                                                                                                                                                                                                     

 

 

 

いつも私が買っている麻炭パウダーはこちら

 

 

 

 

そして今回購入してみた竹炭パウダーがこちら

 

                                                                                                                                                                                                                                                    

 

 

麻炭と比べて竹炭の商品は値段も大きさも種類も多いので、単純な比較にはならないのですが、今回購入したのは販売している中でもお安い竹炭パウダーだと思います。

倍の量で半分以下のお値段。 かなりの差だと思って購入したのですが、使いやすいように容器に移し替えた時の一番の感想は                                                                                                                                                                                                                                                     

 

 

竹炭の方が水分が多くてずっしり重い」                                                                                                                                                                                                                                                     

 

でした。

購入する竹炭によって作りが違うかもしれませんが、同じスプーン1杯でも麻炭パウダーと竹炭パウダーでは竹炭の方がずっと重いと感じます。

と、いうことは重さだけで単純に麻炭の方が○倍もお値段が高い!とは言い切れないということです。

麻炭を飲用以外に利用するのは贅沢かも?と思いましたがいつまでも使わずにいて劣化しては意味がないので今後使い分けるかも考えていこうと思います。                                                                                                                                                                                                                                                

 

 

今回炭は飲むために使っているだけではないのでうまく使い分けようと思っていたのです。

粉の歯磨き粉に炭を混ぜて使いたくて、これは竹炭でもいいのかなと思いました。

炭だけ容器に入れておいて練り歯磨きに付けて磨いてもいいと思います。 前回買った粉の歯磨き粉が気に入ったのでまた買おうと思ったら、2個買うと1個サービスなんて商品を見つけて合計3つになってしまいました。 ちなみに右上は前回購入の スパークリングイレーサー です。 他の3つが今回購入のしろえホワイトニングパウダーです。

 

 

 

\2個購入で→1個プレゼント!!/【楽天1位】ホワイトニング 歯磨き粉【しろえ ホワイトニングパウダー 20g】アパタイト 歯磨き粉 粉末 パウダー 粉歯磨き 粉 歯みがき 歯みがき粉 歯 ホワイトニング 自宅 おすすめ 白く 虫歯予防 口臭予防 歯周病 歯 ヤニ取り 卵殻アパタイト

 

 

前回の歯磨き粉には麻炭パウダーを混ぜていました。

 

今回は竹炭を入れてみます。

竹炭の方が割合多く入れた気がするので色での比較は単純にできませんが、使ってみた感想は竹炭の方が炭の匂いが強い気がします。

割合の問題?初めは少し違和感がありましたがすぐ慣れます。

ちゃんと洗面台で歯を磨けばいいのですが、私は部屋で座ってネットを見ながら磨いたりしています。

たまに歯磨き粉が飛んだりなどはありがちですが、炭を飛ばすと黒くなるので注意ですね。 口をゆすぐ時も黒い炭が出てきます。

色が飛び散るので結構歯磨きの時って洗面台あちこちに飛ばしていたのだなぁと感じます。 粒子も竹炭の方が大きめかな?という感想です。                                                                                                                                                                                                                                                  

 

 

 

  長年 ガスール という固形の泥のパックを愛用しているのですが(毛穴汚れにとっても良い)ガスールにヨーグルトを入れたり米の研ぎ汁を入れたり色々アレンジするのが好きで炭も入れてみました。

麻炭パウダーだと溶いた水になかなかなじまず、ガスールに水が染み込んだら混ぜて使うという感じでした。

 

しかし竹炭_は初めから水に馴染んですぐにまとまります。 やはり水分が多いのだと思います。

パックには竹炭パウダーの方が使いやすいですね。

以前炭の石鹸を購入したら顔の脂分が取れすぎたのか、顔が乾燥してしまって避けていたのですがたまにするパックは大丈夫そうです。

 

 

麻炭パウダーを購入した時に、こんなことに使えるよという説明文があって、キッチンペーパーに包んで湿布にしたりお風呂に入れたりとあったのでお風呂に入れてみたいと思っていました。

麻炭じゃもったいない。。

と思ったのが竹炭を買うきっかけでもあったので調べてみたけど竹炭パウダーはあまり他のことに活用されている記事がないんです。

そもそも、竹炭や備長炭を他のことに使う場合は粉末にしていない固形の炭が大活躍しているのでそれが理由だとは思います。

粉末にしていなければ何度か繰り返し使えますもんね。                                                                                                                                                                                                                                                    

 

 

  今後使用してみて、用途によって使い分けて良かったとか、麻炭だけで良かったかもなど思った時はまた書きたいと思っています。

そういえば昔祖母が、家の中の浄化として炭をこのようにインテリアにして飾っていました。

調べれば調べるほど植物の力に脱帽です。